けっけとしまうま

2歳児けっけ今日は何をした?どんな日だった?のんびりと綴る成長日記。

けっけの40℃騒ぎ

 

騒ぎというには大げさだし

ありがたすぎるお話しだけど

けっけが昨夜初めて40℃を超える

発熱をしたことで義家族と

てんやわんや、な出来事。

 

昨日お昼には微熱だったのが

夕方からぐんぐん熱が上がり

22時にはあっという間に40℃。

今までここまであがったことが

なかったので焦りつつも

今はウイルスと闘ってる最中、

頑張れと応援していた。

でもいつまでたっても足が暖かく

ならなくって冷やすタイミングが

わからず。

そこに下に住むお義姉さんが

義母から連絡を受け様子を

見に来てくれた。

けっけは毎回風邪をひくと

鼻が詰まってうまく寝られず

何度も起きて泣く。

義姉が来たときもちょうど

大泣きしていて

発熱しているから泣いてると心配

してくれていた。

40℃超えたら救急行こうと

言ってくれたけど私の中で

けっけは昼寝もうまくできず

眠さがピークだから寝ることを

優先させて翌日病院へ、と

思っていた。

義姉は

次泣いて起きたら救急行こうと言って

戻っていった。

やっと寝たけっけ、やっぱり数十分後

大泣きして起きた。

鼻の奥が詰まっている。

泣き声を聞いた義姉からラインが

来て義兄に病院まで連れて行って

もらうよう言ったよ!準備して!と。

翌日で大丈夫と思いつつ

私は医者じゃないし我が子に万が一、

と思うと今は病院行かなくていい、と

言えるだけの自信もなく。

義兄に甘えて連れて行ってもらう

ことにした。

けっけは夜風にあたりすっかり

目が冷めたようでずっと

「病院いらない。」と

言い続けていた。

受付で熱をはかると37.8℃。

救急利用するのも眠たそうな義兄にも

申し訳ない...。

診察室に入る頃には

義父母も現れた。

けっけのことこんなにも心配して

くれてすごく嬉しいけど

ほんと申し訳ない気持ちなのよ...。

多分旦那が不在でかわいそうと

思ってくれているから余計

気遣ってくれてるのだと思うけど。

あと私が頼りないから、もあるな。

若いお医者様は私、義父、義母からの

質問にも丁寧に答えてくれ、

診察後薬を待ってる間も様子を

見に来てくれた。

けっけはいや~!と泣きながらも

口を開けて診察に協力できてた。

とりあえず2日ほど様子を見て

下がらなかったら金曜日もう一度

病院へ行ってね、とのこと。

鼻詰まりと咳と解熱剤をもらって

帰ってきた。

帰ってすぐ鼻詰まりの薬と

0時半に解熱剤を飲んでもらったけど

夜中は何度も起きて泣いて

親子ともに寝不足。

そして心配で我が家で寝た義母も

寝不足。

そして今夜も義母はここで寝るみたい。

けっけは今日昼過ぎ37℃代に

さがったもののやはり夜には39℃。

でも一日ずっと機嫌も良く

いつもの元気なけっけ8割ほどの

パワーでいてくれた。

体温よりも元気でいてくれれば

少し安心できる。

夜いつもより早く眠たいとベッドへ。

今のところ鼻も苦しそうじゃなく

寝てくれている。

早く元気MAXなけっけに戻りますように。

連休前なので明日病院へ行ってきます。